This is the top of the page.
Displaying present location in the site.
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 運用企画
Main content starts here.

ソリューション・サービス

運用企画

変化し続ける市場の中で、企業の経営戦略の実現には、迅速な対応が必要となります。
そのためICT 活用への要求と効果の期待は高まる一方です。

しかし、ICT システムの運用を担当する部門や情報システム子会社は、稼働中システムの増加・拡張により煩雑となった運用業務に忙殺され、ユーザ要求の実現に向けた検討や具体化などの戦略性の高い業務に注力できない状況があります。

また煩雑化した運用業務は、個人に依存しブラックボックス化されるなど、改善策を打つにも現状が見えづらい等の問題もあります。
この現状を打破し、具体的な運用改善策検討を可能とするためのサービスとして、「運用企画」が有効です。

「運用企画」は、システム運用の範囲(体制・機器・環境・方式等)と運用に掛けられているリソースを把握し、見えづらいシステム運用業務の現状を可視化します。現状調査から得られた収集情報を整理・分析し、問題点と課題を抽出します。

抽出された問題点と課題から、改善策を検討し、情報システム部門のあるべき運用体制・ルール・ 手順・手段など、情報システム部門の現状に基づいた運用改善提案を行います。

効果

  1. 運用改善策の具体化
    運用業務内容や、その業務量を可視化することにより、具体的な改善策を検討することができます。
  2. 改善策の優先度と実施計画の具体化
    改善策具体化により、実施優先度や改善計画を立案することができます。
  3. アウトソーシング対象領域の明確化
    情報システム部門が行っている業務が明確化されることで、情報システム部門が注力すべき業務とアウトソーサーが
    実施すべき作業の切り分けができ、運用業務のアウトソーシング検討が可能となります。

導入までの流れ

お客さまへのシステム運用サービス導入には、以下の工程が必要となります。




現状調査

運用の現状を調査・分析し把握することで、運用のあるべき姿とのギャップを明確にします。

  1. 作業アンケート実施

    運用担当者様に、運用に係る日常作業の内容やその工数を把握するアンケートを実施します。

  2. 運用状況調査

    現在の運用状況(体制・役割・ドキュメント整備状況・品質・セキュリティ等)について、当社フォーマットに従い
    調査します。

  3. 業務インタビュー

    運用担当者様へ、作業アンケート結果をもとに日常の業務内容についてインタビューを実施します。

集計分析

現状調査にて収集した情報をもとに集計・分析を行い、現状の運用を可視化します。 以下1から3の集計・分析結果は「現状調査報告書」としてまとめ、運用状況実態の 調査結果としてご報告します。

  1. 運用状況の整理・分析

    運用状況調査およびインタビューにより現状の運用実態を可視化・整理・分析します。

  2. 現状の問題点と課題の抽出

    現状の運用状況実態の問題点と課題を抽出します。

  3. 現状の評価 (総括)

    調査結果を踏まえ、システム運用状況を総合評価します。

改善検討

現状調査結果を踏まえ、運用改善の方向性を検討します。以下1から3の内容は「改善検討報告書」としてまとめ、 運用改善策の具体化と進め方について改善施策を提案します。

  1. 改善実行方針

    課題を解決し、導入を実現するための方針を検討します。

  2. 改善策の具体化

    お客さまの運用状況に応じた改善策について具体化します。

  3. 改善実施計画案の作成

    改善施策優先度を考慮した改善実施スケジュール案を作成します。

Top of this page